忍者ブログ
フリーペーパー『創星』の製作・配布情報など☆
一路真実です。
平成29年12月29日(金)、毎年恒例の忘年会を開催しました。
今年は新メンバーを含む、8名の参加でした。
昨年の反省より、今年は早めにお店を予約して
おしゃれな個室でゆっくりまったりできました。
2次会では、創星を置いてくださっているバー
Ambientさんにお邪魔しました。
すごく素敵なバーで大満足でした。
コーヒーもおいしかった!

来年は星屑書房も10周年ということで、
記念の年です。
メンバーは各自が頑張っていることがあるので、
組織体としてはゆるゆるとした感じでやってきたら、
なんと10年続いていたという感じですが、
本当に素敵なメンバーが集まってくれてありがたいです。

追っかけ兼顧問が、重ねておっしゃってくれましたが、
創星はいろいろなジャンルの作品が一冊にまとまっているところがいいと。
個性的な面々が、それぞれ自分自身と向き合い、
創作に取り組んで、最高の作品を見せてくれている
というふうに私も感じています。
表現の場としていつでもそこにあり続け、
無理せずに長く続けていけるといいなぁと思っています。
また来年もよろしくお願いします!
PR

一路真実です。

小説ゼミにお越しくださったみなさん、
どうもありがとうございました。

今回は、初の映画脚本を課題作品にしました。
私をはじめとして、参加者のみなさんも
あまり映画脚本を読んだことがなかったので、
戸惑いもあったようでしたが、
だからこそいろいろと勉強になったと思います。

コンペに提出されている作品ということだったので、
内容については詳しくは書きませんが、
小説との書き方の違いについて話し合ったり、
今後ラジオドラマの脚本を書く予定とおっしゃっていたので、
映画脚本とラジオドラマ脚本の違いやト書きの書き方などを
いろいろと教えていただいたりして、面白かったです。

そして、2作品目に、前日に慌てて書いた私の掌編小説を読みました。
前日だったので参加者のみなさんには共有せず、当日所見という形で行いました。
まずは私が朗読をして、その後、みなさんに気になる点や感想などを発言してもらいました。
いろいろな意見が出て、「自分はAだと思った」「いや、そうは思わなかった。Bと思った」
と各人で感じ方もいろいろ違って、
一つの文章でも読む人によって幅があることが分かりました。

また、200字という制限で書いたものだったので、
主語をできるだけ省いた結果、
発言が誰の者かがわかりにくいという意見も出ました。
書いている私はイメージを言葉にしていくので、
誰が言った言葉かはあらかじめわかっているわけなのですが、
読む人は、その言葉から今度はイメージしていくので、
あまりに省きすぎると分からなくなるのだなぁと思いました。
主語を省いても、誰が発言したかわかるように、
表現をもう少し工夫したいと思います。

前回、私の作品を取り扱ったときは同人誌に掲載した作品だったので、
書き直しを想定していなかったこともあって
意見をもらっただけになってしまいましたが、
今回はちゃんと推敲もしないまま持って行っていたので、
逆に、突っ込みどころもあるし、私も書き直し点がわかってよかったなと思います。

その後、希望者だけで食事会&お茶会をして、
話がすごく盛り上がり、23時半に「そろそろ電車が!」という感じで解散しました。
(帰り道の信号待ちの時間でさえも立ち話していて、渡りそびれるくらいでした…笑)
とても楽しかったです。
遅くまで付き合ってくださったみなさんも、どうもありがとうございました。

その交差点での話の中で、今後のゼミに関わる話になったので、
ここに書いておきます。
これまで、プレ・イベントも含めると4回ゼミを開催したのですが、
参加者の方の傾向を見ると、
小説を書いている方もいるのですが、それよりも
書きあぐねている方や読書が好きな方が集まっている印象なので、
前もって課題作品が決まりにくいということがありました。
参加希望者の方に、作品を出しませんか~とお声かけすることもありました。
そういう話をしたところ、課題作品が決まらないときは、
当日までに掌編小説を書いてくる形式にしたらどうかという意見がありました。

実を言うと、この小説ゼミを行う前に、
企画を二つ作って星屑書房のメンバーと共有したのです。
一つは今の形式の小説ゼミだったんですが、
もう一つは、この小説ゼミが定着してきたら
初心者向けに、短い作品を書いてきてもらい、
各自が自分の作品を朗読して、参加者の方に意見をもらって書き直す、
そうした内容の講座を立ち上げようと思っていました。

そこで、前述の意見をもらったので、この初心者向けと思っていた講座を
今の小説ゼミと組み合わせて行おうかなと思っています。
課題作品が決まらない場合に、そうした形式でやってみて、
うまくいきそうだったらホームページの方も書き直そうかと思います。

では、最後に次回のお知らせです。

【一路真実の小説ゼミ】
平成30年1月27日(土)
時間:19:00~21:00 (受付18:30~)
場所:福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみん
   会議室(天神駅南口 より徒歩5分)
参加費:500円

☆夜開催なので、また、お時間ある方は
 お茶会ができればいいな~と思っています。

以上、長文お読みいただきありがとうございました。







 松田です。
  4日(土)に開催された「第12回けやき通り・のきさき古本市」に、星屑書房が参加を果たしました。
  配置は福岡銀行けやき通り支店前で、バス停がほぼ目の前ということもあって、バスを待ちながらも興味深そうに覗く人が散見されました。
 
  今回、一路さんの名代として受付・販売を務めたのですが、時折小雨に見舞われ、その都度雨から品々を守りながらの進行と相成りました。
  時折、他のメンバーの方に交替して他の出店の様子を見て回るなど、古本市ならではの楽しみを満喫するとともに、「陳列や手売りのやり方を、色々と試してみるのも、いいかなあ」とふと思う事がありました。
  先月の「第3回 文学フリマ福岡」に来場されて「創星」を受け取った方が何名か訪ねてくるなど、様々な催し物に参加することで、それらが星屑書房の活動の一つの線として織り成し、繋がっていっているのではないかと、実感した次第です。
  「創星」を手に取って持ち帰ってくださった方、本をお買い上げくださった方、誠にありがとうございました。
  尚、配布数は 15号→7部、16号→15部 でした。






一路真実です。

星屑書房は、11月4日(土)に開催されます、
BOOKUOKAのイベントの一つ「のきさき古本市」に出店します。
http://bookuoka.com/archives/2450

星屑書房にとっては、毎年出店している秋の一大イベントで、
メンバー持ち寄りの古本を売って、売上を活動費に充てています。
また、創星の無料配布も行います。

今年は、けやき通りの福岡銀行前に出店します!

古本を買わなくても、スタンプラリーをして景品をもらったり、
ぶらぶら各店舗をまわったりと、楽しめるイベントです。

毎年、雨に悩まされるイベントなんですが、
今年は晴れの予報でちょっと安心…。
天神に遊びに来られる方は、ぜひぜひ古本市にお立ち寄りください☆

いちろまみ

一路真実です。

平成29年10月8日(日)、第3回文学フリマに出展しました。
今年は、天神ビルに会場が変更され、
ワンフロアで全ての出展者が机を並べることができたので、
とても見やすかったです。
また、地下鉄天神駅から直結していたので、
アクセスも良くて、何かと荷物の多い出展者に優しい会場でした。

星屑書房のブースは入口から近いところで、
こんな感じでした。


ラインナップは、
・『創星』15号、16号
・『「表現のまなび屋」始めました~一路真実の小説ゼミ編~』
・『文芸ごきんじょ2017』(さきがけ文学会さんの委託本)
・竹中優子「しろくまのすいか」✖一路真実「バイバイ、グッバイ」
全て無料配布です。

さきがけ文学会さんの本が立派で、大変人気でした。
一気になくなってしまいました。

『創星』を配布協力店で見つけてくださった方もいらっしゃって、
「置いてありましたよね」と言われたときはうれしかったです。
それから、星屑書房の活動についていろいろ質問してくださった方も
いらっしゃって、ありがたかったです。
星屑書房のブースに立ち寄って、お話してくださったみなさん
どうもありがとうございました。
星屑書房は、いつでもメンバーを募集していますので、
ぜひご連絡くだされば幸いです。

さて、今回の配布状況ですが。
・『創星』15号 → 3部(在庫が3部しかなかったので)
・『創星』16号 → 72部
・『「表現のまなび屋」始めました~一路真実の小説ゼミ編~』 → 30部
・『文芸ごきんじょ2017』(さきがけ文学会さんの委託本) → 30部
・竹中優子「しろくまのすいか」✖一路真実「バイバイ、グッバイ」
 → 40部くらい?
   (竹中さんのくずもち書店ブースで150部くらい配布したと
    言っていました。すごい…)

来場者数は550人ぐらいということだったのですが、
『創星』は昨年より配布数が減ったかなという印象です。
私の営業能力がなさすぎるので、
やっぱりメンバーと店番交代しておけば
もっとたくさん配布できたんじゃないかな…と反省です。
今日はあんまり他のお店を見てまわれなかったので、
星屑書房のブースに来てくださった方のブースに
行けなかったのもちょっと残念でした。
だいたい見本誌コーナーでじっくりいろいろな本を読むんですが、
それもできなかったので…^^;

でもまぁ、楽しいイベントでした。
本当に、創星を持って行ってくださった方々、
ありがとうございました。

いちろまみ