忍者ブログ
フリーペーパー『創星』の製作・配布情報など☆
一路真実です。

小説ゼミに参加されたみなさん、
どうもありがとうございました。

昨年の5月にプレイベントを行ったので、
小説ゼミもちょうど1年。
星屑書房は10年。
何事も、無理ないペースで
ゆっくり続けていくことが大事ですね。

さてさて、今回の小説ゼミのことをまとめたいと思います。
今回も2作品取り上げました。
はじめに取り上げたのは、約12,000字の作品で
構成や展開がきっちりした作品でした。
過去に賞をとったこともあるとおっしゃっていたので、
なるほどやっぱりといった感じでした。
また、この作品を3日で書き上げて持ってきましたと
おっしゃっていたので、一同驚きました。

驚いたことと言えば、私は申込段階でみなさんとやりとりするので
この作品の作者は女性だと知っていたのですが、
参加者のみなさんは作品だけを読んで参加されるので、
どんな方が書いたのかは知りません。
参加者の方々が、
「作品の主人公と同じ、若い男性が来るかと思った」
と驚かれていました。
作者の方は、ご自身のことを「憑依系」と表現されていましたが、
読み手が、主人公のことを作者と一致させてイメージしたということは、
それだけ主人公の描写がリアルだったのだなと思いました。

2作品目は、一路の作品で、
秋頃に発行する創星18号用に書いた作品でした。
私が日頃気になっていることから着想して書いた作品だったので、
参加者の方々から、「こういう人いる!」とか「こんなタイプもあるよね」
みたいな感じで話が弾みました。
なので、この作品を通じて「アイツのことも書けるかも」と
参加者のみなさんの発想もどんどん広がって楽しかったです。
また、作品のテーマは伝わったか、ラストはどうだったかなど、
私も作品を書いていて気になったことについて
読者の意見が聞けてよかったです。

その後、恒例のごはん会で、今回は七輪の炭火焼肉でした。
21時から焼肉?!という感じでしたが、
がっつり食べておいしかったです。
参加者の方が、
「小説ゼミは、作品を書いた人の話を聞けるのがいいですね」
とおっしゃっていました。
確かにそうだなぁと思いました。
その文章をどんな思いで書いたのか、何から発想したか、
どこで迷いながら書いたかなど、
なかなか聞けないことですし、
またその話が、今度は自分が書くときに生かされると思います。
今回も、みなさんといろいろな話ができて
楽しかったです。

では、最後に次回のお知らせです。

【一路真実の小説ゼミ】
平成30年7月28日(土)
時間:19:00~21:00 (受付18:30~)
場所:福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみん
   会議室(天神駅南口 より徒歩5分)
参加費:500円

ぜひ、遊びにきてください☆
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック