忍者ブログ
フリーペーパー『創星』の製作・配布情報など☆
一路です。
2015年11月7日(土)、
けやき通りの一箱古本市に参加しました!

星屑書房は、田口商店前で
天神から来る人の流れの
ちょうど始まりのところだったので
なかなか良い場所でした。

初出店というお隣さんと会話しながら
ゆるりとスタート。
心配していた雨も、終盤に降り始めたくらいで、
天気がもってくれたのでほんとよかったです。

今回、古本の在庫を管理していた私が
引越のため全部売ってしまったので、
持って行ける本が少なかったのですが、
それでも順調に売れてよかったです。

いつもはメンバーそれぞれの本を
持ち寄って雑多な感じだったのですが、
出店直後は私の本ばかりだったので、
逆に売れるといろいろ思うところもありました。

開店準備をしている段階から、さっそく
ドストエフスキーの『悪霊』上・下が売れ、
あれは上司に薦められて買ったんだよな…と思ったり、
昨夜、本が少なすぎるから増やした、
当初売る予定のなかったハンドメイド関係の本が売れたときの
ちょっと複雑な気持ちとか。
これも本不足ゆえ、昨日慌てて読んで足した、
吉田修一の『悪人』上・下を
大学生ぐらいの女性が「図書館はハードカバーしかなかったから~」と
言いながら買って行ったときとか、
夫が「売れなかったら読む」と言ってたので、
あ~売れちゃったなぁとか。
きっと本に愛着があればあるほど、
いろいろ感じながら出店してるんだろうなぁと思いました。
メンバーが夏目漱石全集の初版本があった!
と興奮していたのも、
一箱古本市ならではだなぁと。
個人的には、今日も来てくださった
追っかけさんとちょっと森達也の話が
できたことがうれしかったです。

メンバーと一時店番を交代し、
警固公民館で行われていた
「読み聞かせオヤジバトル」を覗いたのですが、
子どもたちが一番前で楽しそうな声を
あげて絵本に見入っていました。

やっぱり読む人がいるから、
物語を生み出す意味があるんだよなぁと
最近よく思います。
というのも、最近仕事でこういう読み聞かせの団体や
子どもの遊び場を訪問することが多かったので、
読む人の本へのこだわりってすごいなぁと
思っていました。
読んでくれた人が「良い本ですよ」と薦めたくなる本を
私も書かないとなぁと思います。

ところで、創星は全部で70部配布できました!
内訳は、
12号 44部、
11号 19部、
9号 3部、
8号 4部。

手に取ってくださった方、どうもありがとうございます!
楽しんでいただけると幸いです。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック